京ノ櫻シコウノヤカタ

アクセスカウンタ

zoom RSS 花咲くまにまに、フルコンプしたので感想です

<<   作成日時 : 2014/01/05 02:25   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

花咲くまにまに★
楽しかったー!

画像


寝る前にちまちま進めていて、実は昨年末にはフルコンプしていたり。。
攻略載せるのが億劫だから遅くなったのはここだけの秘密w

てなもんで、感想なんぞをちょこちょこ書いていきたいと思いますが、
めっちゃネタバレ含みますので、苦手な方は今のうちに回れ右してください

久々に時間を忘れてプレイしたゲームでしたねぇ
もうちょっと。。と思いながらプレイしていたら、外が明るくなり始めた日もよくありました

個人的な総合評価としては、★★★★☆
★が1個分足りないのは、個人ルートで他キャラのネタバレがあったことが大きいです
わたくしは和助ルートから始めたのですが、終盤の思わぬところで倉間のネタバレがあってちょっとショックでした
宝良ルートにて辰義のネタバレもありましたね。。(逆も然りですけれど)
誤字は許容範囲でしたが、SEが「ん?」って思うところが少しありましたかね
腕を掴むシーンとか、骨折れるんじゃね?って思ったりしました

残念なところもありましたが、シナリオはしっかりしていて、キャラもそれぞれに個性的だし、乙女ゲームとしてすごく楽しめました
システムに関しては、場面スキップ機能があればもっと早く終わったかなと思うのですけれど、さして不自由は感じませんでした
簡易読込と簡易保存も使い勝手が良かったです

攻略キャラについては、和助はちょいS、白玖はツンデレ、宝良はお兄ちゃん、辰はヤンデレ、楓はヤキモチ妬きな子供という感じでした
(感じ方は個人差があると思いますのでツッコミは無しの方向でお願いします)

もう少し詳しく書いていきますと、、

和助さんは俺について来い!っていう男らしいキャラなのですけれど、
労咳が発覚してからは少し弱いところも見せちゃうところがギャップなのかなと
ベストエンドは王道な感じがしました

白玖はすごくヤキモチ妬きと聞いていたのですが、わたくし的にはそうでもなかったw
白玖の時は中性的な魅力もあって妖艶、桂の時はちょっと幼さも感じられるかなと
物言いはきつかったりすることもあるんですが、愛情の裏返しだったりするので、かわいいです
ベストエンドよりもノーマルエンドが好きです

宝良はお調子者なのかと思ってたんですけど、意外としっかりしていて、読書家だったりするのでプレイしてみて印象が変わりました
あと、手が早いのにもビックリしたよwww
他キャラルートではヘタレな部分もあったりするんですけど、ベストエンドは一番好きかもしれません
成長したとたも出てきますし!!とたかわいいよ、とた!!

辰義ルートは病みますよねwww
他ルートも結構な犯罪を。。ゴニョゴニョ
たいてむさんときちんとお話していればアレもコレも起きなかったですし←
ベストエンドじゃないと、辰義くんが救われないのがかわいそうかな

楓さんは「ん?」って思うところがちょいちょいありましたねぇw
ヤキモチ妬くのは全然構わないんですけど、態度が。。w
人じゃないのがひとつの壁ですけれど、ノーマルエンドはバッドなんじゃないかと思うほど切ないです

こんな感じで、5人のルートを終えてからバッドエンドを回収したのですけれど。。
あの終わり方は寂しいよねぇ
出来ればハーレムなEDが良かったかなぁw
最後は明るく終わりたいじゃない!
フルコンプのご褒美としてスチルはあるんですけどねぇ。。

宝良のベストエンドで成長した燈太が出てくるのだけど、これがまたかっこよく成長してるんですよ
純ちゃんボイスもたまらんよね
男性キャラがみんななおちゃんを狙ってるのに、燈太がかっさらう。。なEDも見てみたいかなーなんて思いましたw

和助さんルートでいっぱい登場する赤羽さんも結構好きだったなぁw
浅野さんは良い男というよりは大人の男って感じがしました

こんな感じですごく集中していたので、終わってしまうと寂しいものですね。。
早く次のゲーム到着しないかなぁ。。

参考になるとは思えませんが、個人の感想として受け止めていただければ幸いです
楽しい時間をありがとう!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
花咲くまにまに、フルコンプしたので感想です 京ノ櫻シコウノヤカタ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる