京ノ櫻シコウノヤカタ

アクセスカウンタ

zoom RSS 黒執事 第七話

<<   作成日時 : 2008/11/15 22:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

黒執事★
その執事、遊興

法律の抜け穴をくぐり、裏で「犬虐め」を行う村を、女王の保養地の名目で確保しに来たシエル達。
しかし、出迎えた村の有力貴族ヘンリー卿は、祟りがあるために、女王の命令でも買収には応じられないと提案を断固拒否する―。


リゾート建設予定地だったとは!(笑)

ハウンズワースという狩猟犬の育成で有名な村で行われている犬虐め
女王が保養地という名目で確保するということで、シエルが出向くことになるのですが、、、

 あるんだ。そのハウンズワースという村には、
 ボクが、ファントムハイヴが出向かなくてはならない理由が


行方不明や惨殺される村人が多く、その原因の究明と排除も理由のひとつのようです

 ワタクシ、猫は愛しているのですが、犬は少々苦手、、、というか、はっきり言って嫌いですので!
 わんっ!


使用人であるアンジェラに出迎えられたシエルたち
シエル=ちわわ(笑)

バリモアから、祟りのため買収には応じられないと断られるシエルですが、

 その災いとやら、見せてもらおうか。じっくりとな

祟りを自分の目で確かめるつもりのようです

その頃、使用人たちは仲良くお話をしておりました。しかし、

 メイドは見たー!見てしまったですだ!

アンジェラの足にしがみつくバリモアの姿を見てしまいました
そのアンジェラがシエルを訪ねてくるのですが、
魔犬騒ぎが起こります。。。

魔犬の正体に気付いていたシエルとセバス
セバスは早く解決させたいために、乗り気です

犬虐めを目の当たりにしたシエルたち
過去を思い出したフィニが、

 かわいそうじゃないかっ!やめてよ!!

犬虐めの邪魔をしたことにより、村人に捕われてしまいました

 だから犬は嫌いなんです

セバスの睨みでおとなしくなる犬たち
シエルは、魔犬の正体を明らかにします
全てはバリモアの仕組んだことと分かり、村人に連行されていくのでした
牢から叫ぶバリモアですが、、、死体となって発見され、次回に続く!


web clap

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
黒執事 第七話 京ノ櫻シコウノヤカタ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる